スタッフブログ
BLOG

小布施町の上棟式

最近の上棟式は建方とは別の日に行うことがほとんどです。

本日、小布施町で上棟式を執り行いました。ここ最近、暑くなったり寒くなったりで目まぐるしく変わるお天気が続き、今朝も雪が舞っていましたがお日様も出てきました。写真では雲の映っている割合が多いですが、日の当たるところはぽかぽかです。

小布施町の新築 

足場シートも新しくなりました。実は2パターン作成していて、4月21日に現場見学会を開く長野市屋島に別バージョンを張ってあります。こちらをご覧ください→現場見学会

小布施町の上棟式

鬼門柱は最終的に2階の小屋裏に納めます。

小布施町の木造住宅 お清め

お酒とお塩で家の隅をお清め。

小布施町の木造新築の上棟式の参加者

右から地元 小布施町の設計士中山さん、八田社長、片桐棟梁、現場監督の町田さん。後ろで見切れているのは応援の大工さん、電気屋さんなどなど。今日も作業は進んでいるのです。上棟式の間は全員作業の手を休めて一緒にお祝いです。

小布施町の新築の記念

恒例の記念行事。手形セレモニーも行いました。お施主様ご夫妻には直接手形をつけていただき、学校へ行っているお子様とご両親様にはシールに手形を押していただいて、後から張る事にしました。
この手形は天井裏に隠れてしまいますが、何十年後かにリフォームをするときにまたお目にかかれるかも知れません。「そういえば、この家を建てたとき手形つけたよな」「〇〇の手あんなに小さかったんだ」「私、全然覚えてないけど・・・」そんな話題になればいいなって思います。

この記事を書いた人

スタッフ
【 スタッフ 】

縁の下の力持ちとは僕らの事。
暮らしやすい家とはどんな家か?自由に楽しめる家とはどんな家のことか?日々、そんなことを考えながら、僕らはお客様のために今日も走る。