スタッフブログ
BLOG

2nd annual HATTA Life & Garage Party in 須坂ガレージハウス

僕の家の大きなケヤキの木。

子どもたちの成長と共に変わる家族の生活スタイルの変化も、庭を走り回っていた柴犬のハッチーも、この家を彩るマリーゴールドとハンモックに揺られていたまだ小さかった頃の娘の寝顔も、洗車して少しきれいになったワーゲンバスも…20年間、高い所から家族の成長を見てきたシンボルツリーは、今年の春もまた背伸びをするように新緑の葉に包まれた。

長男は社会人として、次男は高校三年生、そして末の娘は中学一年生に。つい昨日までピンクのランドセルを背負っていた娘が、セーラー服姿でケヤキのアプローチを歩いていく後ろ姿を、僕は猫のティナを抱っこして見送るようになった。
(これを世間さまは親ばかというのだろうか?)

古いフォルクスワーゲンとバイクが並ぶガレージハウスで暮らすことが若い頃の夢だった。家を建てて20年が過ぎたけど、今でもこの家への愛着は大きいし、僕はこの家が好きだ。この家で暮らし子どもたちの成長を見ながら、たくさんのうれしかったこととしあわせを感じている。不安も、いやなことも、大変なことだってもちろん受け入れて過ごしてきた。

どの家庭にも、家族と過ごす大切なそれぞれの時間が流れている。その家族の夢に向かうプロセスのために家を建てる。そんなライフワークに、僕は僕の人生で出会うことができた。

手に入れたものを大切に使える人は知っている。もし壊れてしまったらリペアすることで更に愛着がわくってことをそれは道具やブーツ、クルマ、そして家も同じだと僕は思う。

購買欲が強い人は、それを手に入れた達成感なのか? 手に入れても次の最新モデルが気になり、興味を失い完結してしまう人。家づくりであんなに悩んだのに、完成した家に興味を無くしてしまったらこんなつまらないことはないと思う。

どのように暮らしたいか? 

それからはじまる家づくりは、家を建てた後の過程、プロセスのしあわせを忘れないだろう。
ガレージハウスで、家族のために家を建てること? リフォームすることは? ただ物を買うそれとは違うってことを、僕はケヤキの木の木陰で面白おかしく伝えたいなぁ

5月23日(日)「2nd annual HATTA Life & Garage Party in 須坂ガレージハウス」でお待ちしています。

【開催にあたって】
安心してご来場いただけるよう、マスクの着用・アルコール消毒液の徹底など、可能な限りの感染予防対策に取り組んだうえで開催させていただきます。
ご来場のお客様におかれましても、感染予防および拡散防止のためご理解とご協力お願いいたします。

心躍る瞬間を暮らしの中に。

HATTA(八田建設)

【お問い合わせ】
HP:https://hatta8-club.com/contact/
TEL:0120-918-166(平日9:00~17:00)
LINE:https://lin.ee/APdQxgd
LINEからのお問い合わせも承っております。
1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。

この記事を書いた人

社長:八田
【 社長:八田 】

休日は、ワーゲンとバイク友達どっちと遊ぼうか? ツーリングにも行きたいけど、なかなか時間がない。遊びは大好き!でも家に帰るとそこそこの料理もこなすいいオヤジです。