スタッフブログ
BLOG

雨の日の趣味人と青空の夢中人

セプテンバーレイン9月の雨の日…。
雨降りの週末に時間を持て余し、ふと思ったこと、それは…雨の日に家の中で充実した時間を過ごせる人は、きっと趣味人なんだろうなぁ?
雨が二日も続けば家の中で何をしていいのか? わからなくなる僕はゆっくり時間を楽しめる趣味人ではないと思いながら、雲の隙間の空模様をうかがって見ています。

これからひと雨ごとに寒さを感じる季節が訪れる。
あんなにアツイ暑い!ってぼやいてた夏もやっぱり過ぎていった。
ただ過ぎてゆく夏の終わりを受け入れることもできないなら、今月のハッチー劇場は、過ぎた夏の日の騒がしかった1ページを回想してみますか…。

お盆休みが終わってもまだ暑い日が続く週末の昼下がり、子ども達は取合ってハンモックに揺られている。
肌触りのいいコットンで編み上げたメキシカンハンモックを庭に吊り下げた今年の夏、信州の田舎の空をハンモックに揺られながらぼんやり眺めている…
そんなゆっくり過ぎてゆく時間が、何もしない穏やかな日曜日の午後って感じがする。

この土地に家を構えた時に植えたケヤキの木も16年、バカみたいに大きくなったので、今年の春に枝を落としてもらうと、あんなにうっとうしかったケヤキの木も毛を刈られた羊のようにすっきりとした。
でも家にやって来て16年、樹齢何年なのかは分からないけど、幹は太く成長したので、末っ娘のリクエスト? ツリーハウスは無理でも、ハンモックなら十分耐えるだろう…。
ケヤキの木から5メートルの位置にもう一本柱を立てると、2本の支点が決まりハンモックをセットできる。
青空の下、ハンモック計画構想中の夢中人は…。

末っ娘は何がはじまるのか?
まだわかっていないから、親のたくらみはワクワクしてくる。

どの状況で…何が完成するのだろうか?
誰が気づくのだろうか?
末っ娘のうれしそうな表情はしあわせな気持ちになる。
こんな父親と共に育ったから我が家の三人の子供たちは、家の中で雨の日を楽しむなんてとても無理なのはわかっているし、ハンモックの取合いは、親子なのか? 兄弟なのか?
そう…自分の親のことわかっているんだなぁ。

この記事を書いた人

社長:八田
【 社長:八田 】

休日は、ワーゲンとバイク友達どっちと遊ぼうか? ツーリングにも行きたいけど、なかなか時間がない。遊びは大好き!でも家に帰るとそこそこの料理もこなすいいオヤジです。