スタッフブログ
BLOG

ハッチー通信 No.3:知ってトクする家づくり「北国仕様と南国仕様」

いよいよ諏訪の御柱祭、善光寺の御開帳もはじまり、にぎやかな信州の春が幕を開けました。
今年のGWは10連休になる人もいるという、連休当たり年らしいですね。
そんなGW、ここ最近は夏日になるくらい暑くなることが増えたなと感じませんか?

先日からスタートした社長のアメブロに、とても興味深いお話があったので、今日はこちらの話題をお送りします。

■北国信州の家づくり
信州の北に位置する須坂市では、そのむかしは30℃を超える夏は滅多にありませんでした。
しかし、地球温暖化が進み、涼しいイメージの強かった信州の夏も、いまでは36℃を超える猛暑になる日もあったり、反対に南国の冬が氷点下になる日もあります。


夏は猛暑になりながらも、冬は北海道に次いで寒いと言われる信州。
そんな信州の家づくりは、「北国仕様」。冬の寒さに対して快適に暮らせるように設計されています。
逆に、九州 鹿児島の家づくりは「南国仕様」で、夏の暑さに対して快適に暮らせるように設計されているでしょう。 

けれど、地球環境が変化しているいま、快適に暮らすためには、家づくりの仕様を変えなければなりません。

昨今よく聞く「高断熱」。
断熱性能を高めるために、壁厚を大きくし、断熱材を厚く入れると、寒冷地の冬対策はできます。
しかし、夏の暑さ対策としては、適度なバランスを考える必要があります。
断熱だけで遮熱をしていないと、昼間太陽に照らされた熱が蓄熱され、夜になっても暑すぎて冷房を効かせないと寝れなくなってしまうのです。

では、一体どうしたらいいのか!?

夏の暑さと冬の寒さ対策、どうバランスを取るかが鍵なんです。
家を建てる地域の気候や環境に合わせた、さじ加減。

そのさじ加減ができるのは、その地で何年も何十年も家をつくってきた、その地域をよく知る地元工務店なんです。

夢のマイホームを実現!となったら、いくつもの展示場や見学会に足を運んだり、話を聞きに行ったりする方が多いですよね。
ネームバリューのある大手ハウスメーカーに惹かれることもあるでしょう。
けれど、世界から見たら小さな島国である日本も、北と南ではこうも環境が違うんです。
北から南まで同じ仕様の家では得られない快適さがあるということを、知っておいて損はないでしょう。
家づくりのパートナー選びをするにあたり、”この土地に家を建てたいと思った時、知りたいことが得られるのはどこなのか”という視点も持って考えられると、きっと幸せな家づくりができると思います。

社長 3月10日の投稿
「あたたかい家のはなし」
昔の信州の夏を懐かしく思い出しながらも「なるほど、そうだよな〜」と深く納得したお話でした。
ぜひ合わせてお読みください☆

社長ブログでは、このようなタメになる話が満載。
日々のできごとや、家族の話、趣味の話、そこから見えてくる家づくりにおける大切なことや考え方など、クスッと笑ったり、うんうんと頷いたりしながら、気軽に楽しく読めちゃいます。

*************************
家づくりって何からはじめたらいいの?

物を買うという意識が強いと
完成したら 次の買い物に目が移る

“家族のしあわせプロセスを手に入れるんだ”
って思うと
完成しても 永遠に続くことになる

信州須坂から
-HATTA- 八田建設の八田芳美が
その目線を伝えます

ぜひフォローして、更新を楽しみにお待ちくださいね。
443manhattanのブログ
*************************

“ワクワクする瞬間”を毎日の暮らしの中で感じてほしい。
“好きなモノ”や“好きなコト”を大切に

-HATTA-八田建設(須坂市)は
『遊びと趣味からはじめる家づくり』
をお手伝いします。

So Excited!
いくつになっても遊び心を忘れずに。

【お問い合わせ】
HP:https://hatta8-club.com/contact/
TEL:0120-918-166(平日9:00~17:00)
LINE:https://lin.ee/APdQxgd
LINEからのお問い合わせも承っております。
1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。

この記事を書いた人

WEB担当 yu
【 WEB担当 yu 】

“好きなモノ”や“好きなコト”を大切にするHATTAの一員らしく、
アナログな書の世界(書道)をこよなく愛しながら、デジタルなWEBを操ります。
HATTAの“遊びと趣味からはじめる家づくり”を発信していきます。