スタッフブログ
BLOG

ハッチー通信 No.5:想像できている?子どもたちが巣立ったあとの生活

この春、子どもが親元を離れて巣立っていったご家庭もあるのではないでしょうか。
子どもたちが巣立ったあとの、夫婦2人の時間、想像できますか?

これから家を建てたいと思っている方、現在家づくりをされている方に、ぜひ読んでほしい!と思う話を、社長がアメブロでしていたので紹介します。

■子どもたちが巣立ったあとの生活
あなたの家は、そろそろですか?
子どもたちが巣立つときって…。


社長の家では、春から息子さんが進学で家を離れ、娘さんも部活や友だちとの時間が多くなってきたそうです。

家を建てたとき、子どもたちが巣立ったあとの生活をイメージできていなかった…
家を建てるとき、あの時、20年後の自分を想像していたら?
と、話す社長。

だからこそ、家づくりに夢中になっているときは、先のことを想像するのが難しい子育て世代のご夫婦に、10年後、20年後の2人を想像するきっかけを伝えたい。
とある家づくりの打ち合わせの初回、2階建てのプランと合わせて、ほぼ同じ条件を盛り込んだ、平屋のプランもご提案しました。

家づくりを計画しているときは、10年後の自分、20年後の2人を想像できないってことを、いろいろなご夫婦とお話しする中で感じています。

たとえば、今年から小学生になるお子さんなら、10年ちょっとで家を巣立つときがきます。

想像してみてください。
子どもが巣立ったあとの2人の時間をどう過ごすか?ひとりの時間をどう楽しむか?
高齢になれば、階段の昇り降りが大変になる日もくるでしょう。
誰しもいつか訪れる自由がきかない身体。

少し目線を変え、見えていなかったことが見えてきたら…
考え方も広がりますね。

家は完成しても、それは完結ではなく、“家族のしあわせが続くプロセスの舞台”。
その成長の舞台を作ることが、私たちHATTA(八田建設)の、家づくりの根底にあります。
そのために、少し目線を変えてあげることも、HATTA(八田建設)の役割だと思っています。

余計なことだったかもしれませんが、平屋のプランは、その目線を変えてあげるために、きっかけとなればと思ってのことです。
(平屋を建てることが可能な、広い土地を持っているご夫婦だったのでご提案しました。)

家づくりは、自分のライフスタイルを見つめて、
どんなふうに暮らしたいか? 
“自分のオリジナル”を求めてほしい、と思います。

社長 3月27日の投稿

→「20年後の二人を想像できる?」

何年経っても、“この家を建ててよかった”と、家族みんなが思えるしあわせな家づくりのために、家づくりの前にぜひ読んでほしい!と感じました。

社長ブログも合わせてお読みくださいね☆


社長ブログでは、このように家づくりに長年携わってきた、社長ならではの目線で語られる話が満載。

日々のできごとや、家族の話、趣味の話、そこから見えてくる家づくりにおける大切なことや考え方など、クスッと笑ったり、うんうんと頷いたりしながら、気軽に楽しく読めちゃいます。

*************************
家づくりって何からはじめたらいいの?

物を買うという意識が強いと
完成したら 次の買い物に目が移る

“家族のしあわせプロセスを手に入れるんだ”
って思うと
完成しても 永遠に続くことになる

信州須坂から
-HATTA- 八田建設の八田芳美が
その目線を伝えます

ぜひフォローして、更新を楽しみにお待ちくださいね。
443manhattanのブログ
*************************

“ワクワクする瞬間”を毎日の暮らしの中で感じてほしい。
“好きなモノ”や“好きなコト”を大切に

-HATTA-八田建設(須坂市)は
『遊びと趣味からはじめる家づくり』
をお手伝いします。

So Excited!
いくつになっても遊び心を忘れずに。

【お問い合わせ】
HP:https://hatta8-club.com/contact/
TEL:0120-918-166(平日9:00~17:00)
LINE:https://lin.ee/APdQxgd
LINEからのお問い合わせも承っております。
1対1のトークなので、ご安心してお問い合わせくださいね。

この記事を書いた人

WEB担当 yu
【 WEB担当 yu 】

“好きなモノ”や“好きなコト”を大切にするHATTAの一員らしく、
アナログな書の世界(書道)をこよなく愛しながら、デジタルなWEBを操ります。
HATTAの“遊びと趣味からはじめる家づくり”を発信していきます。